• 通信速度次第で無線LANの快適度は変わってくる

    個人や企業が光回線の導入を進めてきた事で、インターネット回線の通信速度が大幅に高速化しています。

    この高速化された回線を最大限に活かすにはLAN環境を改善する事で屋内でのインターネット利用が快適になるでしょう。



    屋内のネットワークの高速化を図る事で、室内で使う端末のインターネットを活用する環境が良くなっていきます。無線LANの速度を高めるには、新しい規格を採用した無線ルーターやUSBドングル、場合によっては新しいモデルのモバイルルーターを導入する必要があります。



    無線LANの規格は決まっており、規格名の末尾のアルファベットで対応している規格を判断する事ができ、理論的な通信速度を調べる事が可能です。
    無線LANの快適度は電波の強度や通信速度によって変わってきますが、電波を遮る物の有無によって影響を受ける事があります。

    ネットワークの高速化を図る事で、屋内でのオンラインサービスの利用においてページの表示が高速化されたり、応答性が高まったりしますが、快適度がかなり変わってきますので様々な端末を室内で使う際にはLAN環境の整備をすると効果的です。



    無線LANの通信速度や応答性の改善を行う事で、コンテンツの容量が大きくなりつつあるオンラインサービスへの対応がスムーズになります。

    オンラインサービスはネット回線が高速である事、サーバの応答性が良い事、無線LAN環境が回線にマッチしている事など複合的な要素で使い勝手が変わってきますので、使い勝手が悪い場合はネット環境やネットワーク環境の見直しを行うと良いです。